発明家 永谷研一 教育イノベーション 発明家 永谷研一 教育イノベーション

発明家  永谷 研一 Profile発明家  永谷 研一 Profile
永谷 研一

発明家

株式会社ネットマン 代表取締役社長

NPO法人 学習分析学会 副理事長

(人材育成マネジメント研究会 前理事長)

各小中学校 ICT利活用教育推進アドバイザー

1966年静岡県沼津市生まれ。 東芝テック、日本ユニシスを経て、1999年4月株式会社ネットマンを設立。学校や企業にITを活用した教育サービスを提供する。2001年から「携帯電話などモバイル端末を活用したアクティブラーニング」を手がけるパイオニア。最近では「反転授業」で活用される。また人材育成に必要なITを考案・開発し、日米で特許を取得。特にアメリカにおいて日本人初の行動変容系システムの特許保持者となり、その功績が高く評価を受け、O−1ビザ(卓越能力保持者ビザ)が認められる。行動科学や認知心理学をベースに、これまで一万人以上の行動実践データを検証・分析し、目標達成のための行動習慣化メソッド「PDCFAサイクル」を開発。三菱東京UFJ銀行や楽天、日立グループなどでの人材育成プログラムや私立、公立大学などでのキャリア教育や留学プログラムに適用される。著書「絶対に達成する技術」(KADOKAWA)は発売わずか数ヶ月で一万部を突破。TVや新聞、雑誌などで多数特集が組まれ反響を呼んだ。次著「人材育成担当者のための絶対に行動定着させる技術」(Profuture)において、研修企画担当者が研修をやりっぱなしにせず行動定着型に転換する方法を発表した。2016年「できたことノート」(クロスメディア・パブリッシング)を出版し、「できたこと」に着目し、自己肯定感をあげながら自分を成長させていく「ノート活用法」を発表した。「ソトガク」という協調学習の哲学で社会貢献活動を行う。全国で未来を創るイノベーターを生み出すことに注力している。

行動定着
ICT
講演依頼


PDCFA
できたことノート


発明家永谷研一 教育イノベーション
http://sotogaku.jp
株式会社ネットマン
http://netman.co.jp
行動習慣化メソッド「PDCFAサイクル」
http://pdcfa.jp
NPO法人 学習分析学会
http://jasla.jp
人材育成マネジメント研究会
http://hrdm.jp
■『絶対に達成する技術』(KADOKAWA)
http://www.amazon.co.jp/dp/4046026065/
■『人材育成担当者のための 絶対に行動定着させる技術』(ProFuture)
http://www.amazon.co.jp/dp/4908020043/
■『1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート』(クロスメディア・パブリッシング)
http://www.amazon.co.jp/dp/4844374826
  • Learning Analytics
    10年に渡り活動を続けた「人材育成マネジメント研究会」を経て、2015年よりLearning Analyticsをテーマにした「学習分析学会」を設立。産学で連携して教育効果を計測・研究し、論文を共有するなかで教育の質の向上に寄与し続けている。
    Book
  • Patent
    人材育成系ITシステムにより日米で日本人初の特許ライセンス保持者。発明家としての実績がアメリカでも高く評価されたことをきっかけに、現在はグローバルに活動を展開。ベストセラー「7つの習慣」の行動習慣化システム「Habitizer」にもOEM提供。
    「Habitizer」プレスリリースはこちら
    Book
    • 日本国特許名称:

      行動改善システム

    • 米国特許名称 :

      SYSTEM FOR MANAGING MEMBER SELF-CHECKING OF SET GOAL ACHIEVEMNET IN AN ORGANIZATION

  • Books
    一万人の行動データを分析し、心理学や行動科学の豊富なノウハウと事例を背景に導き出した「絶対に達成する技術」。発売後、即重版となり15000部突破。
    書籍購入はこちら 「絶対に達成する技術」の詳細はこちら
  • これまでのやりっぱなしの研修はもうやめましょう。10年に渡り研究分析してきた著者が、行動定着にフォーカスし、研修業界に一石を投じる一冊。
    書籍購入はこちら
  • いまは気づいていない。アナタの可能性をたぐり寄せる方法。1日の終わりに「できたこと」を振り返ると、確実に自分が変わっていきます。
    書籍購入はこちら
  • My story
    これからの社会を担うあなたへ。 何かの参考になればと思い、私の歩んできた道、葛藤、苦しさ、喜 びを「自己開示」して、ここに綴ります。そしてこれは、この年齢 になった今だから書けるんだと思います。
    「発明家への道」はこちら
    発明家への道 今だからこそ人に語れる、
恥ずかしくも、誇らしくもある私の歴史です。
  • Personal credo
    クレドとはラテン語で信条、志という意味。個人にフォーカスして、人の存在価値・存在意義を物語に なぞらえて作るパーソナルクレド。イメージコンサルタント富永のむ子氏の言葉。
    「パーソナルクレド」はこちら
    永谷研一 パーソナルクレド 賢者を率いて世界を揺さぶる稲妻
Philosophy

永谷研一が提唱するソトガクとは、
「ソトに学んで、ウチに活かす」

非日常の場「ソト」に自分を置き、
日常の問題「ウチ」を解決するための力を得ること。

こんな時代を生きていくためには、どのような力が必要なのでしょうか? それは一つしかない答えをパッとすばやく出す力ではなく、
自分の考えと他者の知恵を融合して新しい発見をしていく力です。 まさに、新しい価値を創造する力と言えます。

方程式は、 「自分の考え」×「他者の知恵」=新しい発見 です。 他者には価値感や視点、そして経験が違う人たちが多くいます。 その英知を活用できたらどんなにすばらしいでしょう。 でも、ただ活用といっても単純ではありません。 人の協力を得ていくためには自分の考えがしっかりしている必要があります。 自分自身をしっかり持っている人こそ尊敬され支援されるからです。 自分の考えをしっかり持つためには、普段から「正解のない問題」に立ち向かい、
自分の頭で考え抜いている習慣が必要となります。 ただ立ち止まって考えているだけの人は困ります。 走りながら考え抜くことができる人。まさに行動実践力も必要です。 そして、間違いに気づいたらすぐに修正して改善できる柔軟性も大事でしょう。 柔軟性を育むには広い視野をもつことが大切となります。 それは、小さいころからの多様な人との付き合いが影響します。 そしてその交流が、お互いの違いを認め合うことにつながり、
自尊心と相互信頼という基礎的な力を創り上げることができるのです。 慣れ親しんだ日常を飛び出し、自分を開放して、思いっきり対話を楽しみ、
そして新しい何かを見つけていきましょう。 非日常ですので、始めは勇気が必要です。でも想像してみて下さい。 一見、関係ないように見える人たちが、立場や職業も関係なくフラットに
つながることができる場所があれば、どんなに素晴らしいでしょうか。
Research Activities

学習分析学会

産学で連携して教育効果の計測・研究を。

10年間活動を続けてきたNPO人材育成マネジメント研究会(HRDM)を学会に昇格させ、 Learning Analyticsをテーマに活動いたします。 産学で連携して教育効果を計測・研究し、論文を共有するなかで教育の質の向上に寄与し、 企業のHRD人材育成担当者には研修の効果測定の実践に役立ててもらえることでしょう。 研修の成果は効果測定データで語るのが常識となる日がいよいよ近づいているのです。 私たちは学習分析学会の活動を通じて、教育界に新風を巻き起こしていきます。

学習分析学会 ホームページはこちら

人材育成マネジメント研究会

学びの質の、向上を求めて。

教育の原点は「人」。さらに言うならば、人の「いのち」です。 学ぶ「人」が、ひとりひとり主役となって社会を構成していく。 国、会社、学校、地域、ひとつの家族においても、組織の中でひとりひとりの「人」を活かすための教育。 私たちは「人」として、原点にもどり、そして教育に携わる『プロフェショナル』として、 教育の質の向上を目指す必要があります。 そして、これを実現し、現場で行動を起こすためには、一緒に悩み、考える仲間も必要です。 私たちは「人」のことを真剣に考える、熱き志をもった「人」のための場として 創り上げていきたいという想いのもとに、活動いたします。

人材育成マネジメント研究会 ホームページはこちら

ケータイ活用教育研究会

ケータイ端末を教育に活かすための実証。

携帯端末が普及した昨今、もはや携帯端末を授業の場から排除するものではなく 積極的に活用する事例が増えてきました。 携帯端末を授業に取り入れることで各先生方が工夫した授業を実践し成果を挙げているにも関わらず、 そのノウハウがその先生だけのものになりがちです。 それらを先生間で共有し、更なる授業法を調査するためにケータイ活用教育研究会を設立しました。

ケータイ活用教育研究会 ホームページはこちら
Community Action

知恵組フェスタ

場活で知を生む。地域で行う学び合いの祭典。

知恵組フェスタは、さまざまな活動をしているコミュニティが共同で開催するイベントです。 地域の様々なテーマに対して、立場も職業も年齢も国籍も人種も関係なく集まった人たちで心ゆくまで話をし、さまざまな価値観にふれ、自分の知恵や学びを見つけるための「学びの祭典」です。 知恵組フェスタでは、学びの場活師たちが、地域の人々とともにあらたなコミュニケーションの場を作り出します。 そして、単なる異業種交流会に留まらず、学び合うノウハウ、学び合う場を生み出すプロセスを体感することができます。

知恵組フェスタ ホームページはこちら

伊豆・宇宙の学校

JAXAの協力のもと、子供たちの「学びの心」に火をつけたい。

「宇宙の学校」とは、よくある”宇宙”のことだけを学ぶ教室ではありません。 日常、身の回りで起こる事や、子どもが不思議に思う現象など、一見宇宙とは関わりがない教材をプログラムにしています。 宇宙に地球が出来て、生命が誕生してから長い時間をかけて私たちがいます。 1年間に数回行われるスクーリング(工作と実験)と、スクーリングとスクーリングの間に、 親子一緒に家庭で工作や実験を取り組んでもらうものです。 スクーリングでは、家庭では出来ない広い場所が必要な工作や実験をみんなで行います。 家庭ではお父さんやお母さん、おじいさんやおばあさんが先生になるのです。

宇宙の学校 ブログはこちら